リアップの副作用まとめサイト HOME » 安全な育毛成分事典 » 塩化カルプロニウム

塩化カルプロニウム

このページでは、もともとは胃の内服薬で使われていた塩化カルプロニウムの育毛効果や副作用について紹介します。

ミノキシジルよりは弱めな塩化カルプロニウムの育毛効果とは

もともとは胃の内服薬で使われていた塩化カルプロニウムの育毛効果や副作用について紹介します。胃炎胃下垂の治療薬として使われていた塩化カルプロニウム。育毛目的では外用薬としての血行促進効果が特徴といえます。塩化カルプロニウムは人工的な化学成分で、毛細血管を拡げる働きがあり、育毛では毛乳頭への栄養供給を促進します。毛乳頭に関与する育毛成分という意味では、その代表格であるミノキシジルと同じと思われがちですが、ミノキシジルは血管を増やすタンパク質に作用して血流改善する仕組み。機能的にも違いますし、育毛効果という点でも塩化カルプロニウムはミノキシジルほど強いものではありません。一方、ミノキシジルが男性型脱毛症に特化しているのに対して、塩化カルプロニウムは円形脱毛症びまん性脱毛症にも有効というメリットもあります。

ちなみに、市販品で塩化カルプロニウムを配合している育毛剤だと、その濃度は1~2%程度で、医療機関の処方薬になると濃度も5%と倍以上の強さになります。カロヤンプログレにはこの塩化カルプロニウムが配合されていて、製品シリーズは第三類医薬品に分類されています。なお、日本皮膚科学会が公表しているAGAガイドラインによると塩化カルプロニウムの推奨度はC1。同ガイドラインでミノキシジルはA評価なので、その効果の差は類推できると思います。

塩化カルプロニウムの副作用とは

塩化カルプロニウムはミノキシジルなどと比べて効果が弱めな分、化学成分の中では副作用が少ないようです。発毛の有効成分として医薬品に認定されているのはミノキシジル、フィナステリドそしてこの塩化カルプロニウム。医薬品の育毛剤を使いたいなら、比較的副作用の不安がない塩化カルプロニウムを使ってみるのもいいでしょう。ただし、医薬品である以上、医師や薬剤師の処方は必要で、用法・用量は厳密に守って使うようにしてください。

塩化カルプロニウムが含まれる育毛剤をチェック≫