リアップの副作用まとめサイト HOME » 安全な育毛成分事典 » ラズベリーケトン

ラズベリーケトン

このページでは、キイチゴの香り成分、ラズベリーケトンの育毛効果や副作用について紹介します。

成長因子を増やすラズベリーケトンの育毛効果とは

キイチゴの香り成分、ラズベリーケトンの育毛効果や副作用について紹介します。ラズベリーケトンは文字通りキイチゴ由来で香り成分を意味します。男性にはあまり馴染みのない成分かもしれませんが、唐辛子由来のカプサイシンよりも脂肪燃焼効果が高いといわれ、アメリカやイギリスなどではダイエットサプリの主要成分として定評があります。

ラズベリーケトンのメカニズムは甘酸っぱい香りによって胃や皮膚の知覚神経を刺激することで、成長因子を増やすというもの。この成長因子がIGF-1で、筋肉や皮膚、神経などに含まれるアミノ酸結合体なのですが、老化に伴って減少することが薄毛や抜け毛にも影響しているのです。ラズベリーケトンはそのIGF-1を増加させることで薄毛対策となります。

育毛対策でラズベリーケトンを補給する場合、サプリメントよりはローションをオススメします。体内で吸収するより、頭皮の知覚神経に直接ラズベリーケトンを浸透させることで、成分効果を集中的に育毛に役立てることができるからです。

ラズベリーケトンの副作用とは

ラズベリーケトンは天然成分で基本的には副作用がないとされています。ラズベリーケトンが刺激するのはあくまで知覚神経であって、皮膚や皮脂腺などをイタズラに刺激するわけではないので、塗るタイプの育毛剤なら肌荒れなどが起きる可能性もほとんどないようです。ローションタイプの育毛剤では男女共用の製品も出ていますし、男性より肌がデリケートな女性でも安心して使える成分といえます。

ただし、サプリメントで摂取する場合は他の食品とのバランスには気をつけておく必要があります。ラズベリーケトンは膵リパーゼという消化酵素に働くのですが、唐辛子や胡椒、生姜などにも同じ作用があり、これらを同時に摂り過ぎてしまうと消化器官に悪影響を及ぼす可能性があります。これは副作用というより食べ合わせの問題なので、常識的な食生活をしていれば体調に悪影響を及ぼすこともないでしょう。

ラズベリーケトンが含まれる育毛剤をチェック≫