リアップの副作用まとめサイト HOME » 効果を徹底分析!リアップ最新レポート » リアップの発毛メカニズム

リアップの発毛メカニズム

このページでは、ヘアサイクルの改善に寄与するリアップの発毛効果とはどんなメカニズムなのか紹介します。

ディープグロース効果とは|リアップの発毛の仕組み

ヘアサイクルの改善に寄与するリアップの発毛効果とはどんなメカニズムなのか紹介します。1本1本の毛髪は成長しては抜けて生え替わるというサイクルを繰り返しています。この成長期に、十分に発育しないと細くて短いうちに髪が抜けてしまうのです。そこでリアップは髪の成長期に毛根を包む毛包に直接働きかけることで毛包を深く大きく成長させて発毛を促進するわけです。なお、この作用はディープグロース効果と呼ばれています。

リアッププラスには脱毛の進行予防効果もあり

リアップシリーズの中でもリアッププラスは発毛・育毛だけでなく脱毛を減らす効果がある点も注目。脱毛の進行を抑制することによって毛髪量を維持できれば、結果的に薄毛対策になるわけです。薄毛の悩みは髪の成長より抜け毛のペースが早まることで毛が薄くなり、最終的にははげてしまうこと。新たな毛の発毛・育毛と並行して、現状の毛が抜けるのを減らすことができるのも大きなメリットです。

リアッププラスは主成分+3つの成分が注目

リアップシリーズの主成分は育毛成分として有名なミノキシジルです。ミノキシジルは毛を作るのに欠かせない毛包に働きかける成分となります。 それだけでなく、リアップ+では次の3つの成分も含まれているのです。

トコフェロール酢酸エステル

ビタミンE誘導体の一種であり頭皮の皮脂が酸化するのを抑える成分です。頭皮が酸化するとかゆみや肌荒れが発生しやすくなるだけでなく、湿疹を引き起こすこともあります。このような状態になると健康的な頭皮とはいえませんよね。 炎症を鎮める働きも持っているため、仮に頭皮に炎症が発生したとしてもそれを食い止めることができるでしょう。血行促進作用もあるため、髪の毛を生やすために重要な役割を持っている毛母細胞への血液循環量が増え、髪の成長をサポートします。

副作用として便秘や下痢が見られる場合がある成分です。また、人によっては肌の発疹を引き起こす場合もあります。

l-メントール

頭皮に爽快感をもたらす働きを持った成分でペパーミントやハッカといった植物に含まれています。メントールといえばスーッとした清涼感を想像できる方が多いのではないでしょうか。様々なトニック系のシャンプーなどにも使われています。 ただ単に爽快感があるという理由で含まれている成分ではありません。l-メントールにも血管を拡張させる働きがあるのです。健康な髪の毛を作るために頭皮の血行促進が欠かせません。

これに加えて抗菌効果も持っています。健康的な頭皮に導くためには頭皮を衛生的に保つことも大切ですよね。頭皮は皮脂が出やすく、その中にはたくさんの細菌が含まれています。そういったものも殺菌しながら頭皮を衛生的に保ってくれる成分なのです。 ミントに含まれている成分であることからもわかる通り、天然の成分なので副作用のリスクはほとんどありません。

パントテニールエチルエーテル

ビタミンB群の一種で毛細胞に影響を与えて発毛を促進する成分です。頭皮が乾燥した状態になると髪の毛が生えてきにくい状態になります。パントテニールエチルエーテルは保湿効果も持っているため、頭皮を乾燥から防ぐことができるでしょう。

また、抗炎症作用を持っているため、炎症を起こしがちな頭皮を健康な状態に導いてくれます。何となく頭皮が痒いと感じることが多かったり、硬いと感じる場合は環境の改善にパントテニールエチルエーテルが役立ってくれるでしょう。

人によっては薄毛の問題だけでなく、フケに悩んでいる方もいるはず。パントテニールエチルエーテルは頭皮環境を改善してフケを抑える働きも持っています。総合的に健康的な頭皮を作るのにも役立つ成分です。ただ、炎症が悪化している場合、それを食い止めるほどの効果は期待できないので注意が必要になります。 こちらはビタミンと同じ成分となっているため副作用の心配はありません。

育毛成分といえばミノキシジルが特に有名ではありますが、リアッププラスではこういった3つの成分を加えることにより更に高い発毛効果が期待できるのです。リアップにはいくつかラインナップがあり、スタンダードのリアップのほかは、ご紹介した3つの成分を含んだリアッププラス、スタンダードタイプでは1%しか含まれていないミノキシジル濃度5%まで高めたリアップX5があります。