リアップの副作用まとめサイト HOME » 効果を徹底分析!リアップ最新レポート » メリット・デメリット

メリット・デメリット

このページでは、手軽に購入できる育毛剤、リアップの主成分ミノキシジルの効果や副作用などをメリットデメリットに分類して紹介します。

薄毛対策のリアップ(ミノキシジル)の効果や副作用とは

手軽に購入できる育毛剤、リアップの主成分ミノキシジルの効果や副作用などをメリットデメリットに分類して紹介します。ミノキシジルは化学的に育毛効果が確認されているものであり、それを主成分として配合しているリアップは第一類医薬品に分類されます。

「第一類医薬品」は、薬の中でも高い薬効と副作用のリスクがある医薬品であり、販売できるのは薬剤師だけ。効果の高い医薬品ほど副作用のリスクが高くなるのは否めません。

一般的に、薬品は人体にとって有効な「主作用」と、期待していない作用をもたらしてしまう「副作用」という両方を持ち合わせているもの。体調が悪い時に自己判断で服用すると、一部の成分に対して体が過剰に反応してしまうことがあるのです。

これを聞くと、「リアップの使用は避けるべき」と思う方もいるでしょう。しかし、風邪をひいた時、たいていの人がよく飲む市販の風邪薬も第一類医薬品であるように、用法・容量を守って使用すれば安全といえます。

摂取量が少なすぎれば薬効が発揮できませんし、多すぎれば副作用のリスクが増えるもの。適正な使用法・用量を守りつつ、副作用のリスクを前もって理解しておくことが大切です。

医薬品リアップのメリット・デメリット

リアップ(ミノキシジル)の主なメリット

  • 医薬品対象の壮年性脱毛症に高い効果がある
  • リアップは第一類医薬品の市販薬なので入手が簡単
  • 外用薬のリアップは内服薬よりは副作用のリスクが小さい

リアップ(ミノキシジル)の主なデメリット

  • 円形脱毛症をはじめ壮年性脱毛症以外だと効果がない
  • 対症療法なので根本治療にはならない
  • 使用を止めると薄毛が再び進行しやすい
  • 副作用のリスクがある

リアップ(ミノキシジル)は副作用というデメリットの理解が不可欠

上で紹介したように、リアップに含まれるミノキシジルが壮年性脱毛症に有効なことは間違いないのですが、医薬品を常用すると副作用というデメリットがついて回ることも知っておいてください。用法用量を守って使うことは当然ですが、身体への影響を軽視するのはNG。ミノキシジルはもともと血圧を下げる目的で開発された成分であり、血管を拡張する作用は、育毛には好影響でも違う面では悪影響になることもあるのです。

もしリアップを使うとしても、自分の薄毛症状がミノキシジルの効果に合っているか、副作用が起きる体質や体調ではないかなど、マイナス要因を十分理解しておかないと、別なトラブルを招くことにもなりかねません。そして、仮にある程度の育毛効果が出たとして、それで終わりではなく、ミノキシジルによる育毛効果は使用し続けないと維持できないのです。ある程度薄毛が解消できたからといって使うのをやめてしまうと、再び薄毛が進行してしまう対処療法的な効果というのが実情です。

副作用の心配が無いのは医薬部外品

医薬品のメリット・デメリットを把握した上で、「医薬品を使用するのはやはり避けたい」という方は安全性の高い「医薬部外品」をおすすめします。

育毛剤などの医薬部外品は、医薬品のように劇的な効果は期待できませんが、予防したり、今ある髪を育てたりと穏やかな作用が期待できます。

薬事法上、薬効が認証されているわけではないのですが、どうしても副作用が気になってしまうという方は、ひとまず「医薬部外品」の育毛剤を活用してみてはいかがでしょうか。