リアップの副作用まとめサイト HOME » 効果を徹底分析!リアップ最新レポート » 主成分ミノキシジルの効果・効能

主成分ミノキシジルの効果・効能

このページでは、臨床試験で98%の薄毛改善効果が確認されている、リアップの主成分ミノキシジルについて紹介します。

毛乳頭に作用して薄毛改善効果を発揮するミノキシジル

臨床試験で98%の薄毛改善効果が確認されている、リアップの主成分ミノキシジルについて紹介します。リアップの主成分であるミノキシジルはもともと血圧降下剤として処方されていた高血圧の治療薬。その働きは血管を拡張することで血流を改善させます。これが頭皮に作用すると毛根の中心にある毛乳頭に栄養素や酸化が供給されて、発毛に役立つというわけです。

リアップX5にはこのミノキシジルが5%配合されていて、メーカーである大正製薬の臨床データでは約98%のヒトに薄毛改善が見られたという結果が出ています。また、日本皮膚科学会が発表しているガイドラインでもAGA治療の外用薬としてミノキシジルは推奨度Aとされているほど。もちろん100%のヒトに効果があるわけではありませんが、高い確率で薄毛改善が期待できる成分といえるでしょう。

ミノキシジルの濃度による効果の違いと副作用の関係

ミノキシジルを配合した育毛剤は濃度が高いほど効果が出やすいようで、リアップも発売当初は1%だったのが現在は5%にアップしています。さらに海外製品では15%のものもあり、併行輸入なども含めて日本で入手することはできます。ただし、これらは錠剤の内服薬で、濃度が高いことから頭皮への好影響だけでなく副作用のリスクも大きくなることは憶えておいてください。ネットの通販サイトなどを見ると、海外のジェネリック医薬品などで安価なミノキシジルが購入できるように思うかもしれませんが、医薬品の知識もなく個人が海外製品を安易に使ってしまうのはあまりオススメできません。

一方、リアップは薬局や通販で購入できる市販品で薬剤師がいる薬局でないと買えません。その他、日本国内の医療機関で処方されるミノキシジルもあります。ミノキシジルの場合、日本では処方薬でも多くは外用薬で、内服薬育毛専門の医療機関でないとあまり取扱がないようです。

副作用が発生する摂取量

ミノキシジルがどれ程の量で副作用が起こるかは、人によって個人差があります。ですから、ミノキシジルを試すなら、まず含有率が低い「育毛剤」から試してみることをオススメします。副作用が心配な人は、育毛剤で副作用が起こらないかを確認してから、外用薬や内服薬を試してみるのがベター。

内服薬を服用するのであれば、まずはミノキシジル含有量2.5mgを目安に、1日1回の使用を守りましょう。頭皮がかゆくなったり、頭痛が起こったりという異変がなければ、1週間続けてください。2.5mgでは発毛を実感できなかったら、2倍の5mgを試してみましょう。体への負担を軽くするために、摂取量は2.5mgずつ、1日2回に分けて服用するのを推奨します。ミノキシジルは1日最大10mgまで摂取可能ですが、万が一異常を感じた場合はすぐ服用をやめ、医師に相談しましょう。