リアップの副作用まとめサイト HOME » 効果を徹底分析!リアップ最新レポート » 途中で止めるとまた元に戻るの?

途中で止めるとまた元に戻るの?

このページでは、継続使用を止めると起きるリアップ(ミノキシジル)の副作用といえるリバウンドについて紹介します。

育毛剤リアップ(ミノキシジル)の副作用でリバウンドする?

継続使用を止めると起きるリアップ(ミノキシジル)の副作用といえるリバウンドについて紹介します。リアップに配合されているミノキシジルという成分は、メーカーである大正薬品の実証実験約98%の人に薄毛改善効果が見られたなど、かなりの確率で効果が期待できます。ただし、ミノキシジルの効果は継続使用することによって維持されるものだということを知っておかなければなりません。

ミノキシジルは血管を拡張することで血行を改善する作用があり、元は高血圧治療の内服薬だったのを、頭皮の血行改善になることから、AGA治療にも採用されるようになった経緯があります。つまり、薬の使用を止めると頭皮環境は薄毛が進行していた状態に逆戻り。これをダイエットと同様、薄毛のリバウンドというわけです。

リアップ(ミノキシジル)の作用はあくまで対症療法

そもそもミノキシジルの作用は体質を改善するものではなく、その成分によって血管を一時的に拡げるもの。治療としては対症療法であり、根本治療ではありません。これはリアップに配合されるミノキシジルに限った話しではなく、育毛用内服薬のプロペシアも同様。男性ホルモンに作用して薄毛・抜け毛を食い止める効果があるものの、大元の原因がなくなるわけではないのです。このように、医薬品としての育毛剤は現在進行形の薄毛をできるだけ抑える意味で有効性がありますが、その成分が働いている間しか効果がないのも実情。それもあって、毎日朝晩2回、きちんと継続使用しないと効果が出にくいとされているわけです。

もし、本気で薄毛になりにくい身体になろうと思うなら、薬だけに頼らず、体質改善になるような対策も同時併行で取り組む必要があります。そのためには生活習慣の見直しや、天然由来の育毛成分を摂るようにするといった方法が有効。薬を毎日使い続けるよりも安全性は高いと思います。