リアップの副作用まとめサイト HOME » 基礎からわかる薄毛対策ガイド » 対策その1:発毛、育毛、増毛、植毛

対策その1:発毛、育毛、増毛、植毛

このページでは、頭髪状況によって異なる発毛・育毛・増毛それぞれの対策及び方法を紹介します。

違いを理解して対策と方法を考える発毛・育毛・増毛の基礎知識

薄毛に関する対策方法としては主に発毛・育毛・増毛の3つがあります。まずはその違いを理解しておく必要があります。

  • 発毛とは/新しい毛が生えなくなった毛穴から髪を生やすために頭皮環境を改善します。
  • 育毛とは/現在ある髪を太くて長い丈夫な状態にして、抜けにくくします。
  • 増毛とは/自毛1本に対して5~6本の人口毛を括り付けることです。

増毛は人工的な対処なのでちょっと意味あいが違うものの、発毛と育毛の違いをきちんと理解しているヒトはそう多くはないはず。一般的には髪が薄くなった箇所から新しい毛が生えてくるといった程度のイメージかもしれませんが、抜け毛を減らす/今ある毛を健康にする/新しい毛を生やすといったことを実現するには、それぞれに適した方法が別れているわけです。

一覧表で比較する発毛・育毛・増毛の各対策や方法とは

現在の頭髪状況によってマッチする対策も違えば、方法によってメリットデメリットがあるので、以下の一覧表にまとめてみました。

対策 メリット デメリット 主な方法
発毛 うまくいけばヘアサイクルが改善され自然に髪が増える ある程度時間がかかり、発毛しないリスクもある 医療機関で処方薬を出してもらう育毛剤を使う
発毛用のシャンプーやサプリを使う
育毛 抜け毛を減らして毛髪量を維持できる ある程度毛髪量がないと対策できない
育毛剤を使う
育毛用のシャンプーやサプリを使う
頭髪専門外来や育毛サロンに行く
増毛 短期間での増毛が可能でかつらよりは手間がかからない 自毛に負担がかかり、2~3ヶ月サイクルでメンテが必要 専門サロンで施術を受ける

このように対策には向き不向きもあり、費用も異なります。一概にどれがベストとはいえませんので、自分の頭髪状況を正確に把握することからスタートしましょう。