リアップの副作用まとめサイト HOME » 基礎からわかる薄毛対策ガイド » 対策その2:自分でできる改善方法

対策その2:自分でできる改善方法

このページでは、生活習慣を見直すことで育毛対策になる食事・喫煙・睡眠・ストレスなどの改善ポイントを紹介します。

すぐできる食事・喫煙・睡眠・ストレスの改善で育毛対策

生活習慣を見直すことで育毛対策になる食事・喫煙・睡眠・ストレスなどの改善ポイントを紹介します。薄毛で悩んでいるなら生活習慣の改善も育毛対策になることを知っておいてください。これはいわゆるメタボ対策とも共通する要素が多々あり、食事や行動などで不健康な要素が薄毛にも関係しているのです。従って、中高年のヒトなら健康的な生活をするように努力することが、結果的には薄毛対策にもなります。その主な見直しポイントを以下に4つほど紹介します。

食事はタンパク質やビタミン、ミネラルをしっかり摂る

髪はタンパク質でできているので食事やサプリメントなどでしっかり補給しつつ、同時にビタミンやミネラルも十分に摂ること。ビタミンやミネラルはタンパク質の代謝を促進する働きがあるからで、栄養バランスに気をつけた食生活は髪の栄養補給に欠かせません。とはいえ、ビジネスマンが毎日3食の栄養バランスをきちんと考えるのも無理があるもの。揚げ物を避けるなどヘルシーさは考えて、ビタミンやミネラルはサプリメントで摂るのが現実的かもしれません。

喫煙はNG、過度な飲酒も避ける

タバコを吸うと毛根の毛細血管が縮んで頭皮の血行を悪化させます。過度な飲酒も肝臓に負担をかけるため、肝臓でつくられる毛髪の栄養分を減少させることになります。

睡眠を十分にとる

毛根に働く成長ホルモンは寝る時間帯前後で増えるといわれています。睡眠不足はこの成長ホルモンの働きをじゃますることになるので、規則正しく十分な睡眠をとるようにしましょう。

できるだけストレスを解消する

ストレスが増えると自律神経のバランスが崩れて血管を収縮するなど血行不良の原因になります。上でも触れたように血行不良は頭皮環境を悪化させるので、仕事などでストレスがある場合、趣味や入浴、睡眠などでできるだけストレス解消することを心掛けてください。