リアップの副作用まとめサイト HOME » 噂される代表的なリアップの副作用 » リアップの副作用【不妊】   

リアップの副作用【不妊】   

リアップは非常に効果の高い育毛剤として人気があるのですが、不妊に関する副作用があると聞き、不安に思っている方もいるかもしれません。ここではリアップを使用したことによる不妊への影響についてご紹介します。

リアップによる不妊への影響とは?

髪の毛を濃くするために使ったリアップが不妊に繋がってしまったとなれば大変なことです。特に夫婦で妊娠に向けて頑張っている方からすると見逃せない問題ですよね。 リアップを使うことにより不妊への影響が疑われる大きな理由ともいえるのが、リアップに含まれているミノキシジルによる働きです。ミノキシジルはもともと血管を拡張させる目的で開発された薬でした。

薄毛を改善させるためには頭皮にたくさんの栄養を届けなければなりません。血管を通して栄養が運ばれるわけですが、血行が悪いと健康な髪の毛を生やすために必要な栄養素が頭皮に届かず、思うように育毛効果が得られませんよね。 高血圧の薬として開発されたミノキシジルを使う中で発毛に効果があることがわかり、商品開発されたのがリアップです。ミノキシジルは医療機関でも使用されている成分でもあります。ここからも働きが強いことがわかりますよね。

不妊との関連性についてですが、発売元の製薬会社ファイザーがマウスでの実験を行い、そこで受胎率の低下や胎児への催奇形性が確認されました。しかし、うさぎに対して同じ実験を行ったものの催奇形性は確認されなかったとのこと。 ここからもわかる通り、マウスの受胎率の低下や胎児への催奇形性を引き起こした原因がミノキシジルであると断定することはできません。

それに、この実験では体重1キロ当たり10ミリグラムのミノキシジルを毎日与えて実験を行いました。つまり、体重60kgの人間に置き換えると毎日600ミリグラムのミノキシジルを摂取する計算の実験を行ったことになります。

リアップに含まれているミノキシジルについては男性用の商品は含有量が5%となっており、皮膚から吸収されるミノキシジルは塗布した量の1%以下とされているのです。 このことを考えると、リアップを使ったからといってマウス実験で行ったような大量のミノキシジルを体内に取り入れることにはなりません。

不妊に不安を覚えた人の体験談

  • リアップの情報についていろいろチェックしてみたところ、不妊に関する情報が出てきました。うちは何年も前から妻と一緒に不妊治療を行っており、リアップも使っていたのでもしかしたらこれが原因か?と思った矢先に妻が無事に妊娠。妊娠前からリアップを使っていたことになるので不安に感じていましたが元気な子どもが産まれ安心しました。
  • 妻から「知り合いから聞いたんだけどリアップは不妊に繋がるらしいから使用をやめて欲しい」と言われ、不安になってしまいました。いろいろ自分なりに調べてみたところ、影響はないようなのですが、妻の不安を取り除くためにもしばらく中止する予定です。
  • 私の場合は母親からリアップの使用は不妊に繋がるらしいからやめたほうがいいと言われました。なかなか子どもができない私達夫婦のためにいろいろ情報をチェックしていたそうです。以前薄毛が気になってリアップを使ったところ生えてきたと話したことがあったので、リアップの副作用について調べたんだとか…。ただ、妻はその後何の問題もなく妊娠・出産できたので影響については実感していません。
  • 妻と一緒にリアップを使っていましたが、妊娠のことを考えると女性がリアップを使うのはあまり良くないと聞き妻が使用を中断。自分もやめたほうが良いかと思いましたが妻が集めた情報では男性がリアップを使ったとしても不妊と結びつくような心配はほとんどないとの結論に至ったので気にせず使っています。

なぜ不妊が疑われるのか?

リアップによる不妊が疑われるのかというと、おそらく大きな理由はリアップと内服薬のプロペシアを併用して飲んでいる場合の副作用に関することでしょう。プロペシアはAGAクリニックなどでも処方されている抜け毛予防効果を持つ内服薬なのですが、副作用として性欲減退や精子減少、EDなどが起きることがあります。 これがリアップの副作用として勘違いされている可能性があるといえるでしょう。

もちろん、リアップが不妊に繋がるといった科学的なデータはなく、リアップを使用したために胎児に何らかの悪影響をおよぼしたケースもないのが事実です。

パートナーがリアップを使用している場合の注意点

ご紹介したようにパートナーがリアップを使用しているからといって必要以上に心配する必要はありません。ただ、妊活中や妊娠中の女性が女性用のリアップを使うのは避けておいた方が良いです。ミノキシジルの成分が身体に吸収された際に母乳に移行することがわかっています。

また、男性の中には奥さんにリアップを塗り込んでもらっている方もいるようですが、リアップに含まれているミノキシジルの成分は皮膚からも吸収されるため、女性はさわらないようにしましょう。 不妊に繋がるリスクは極めて低いとはいえますが、万が一不妊に関するトラブルに繋がった時に「もしかしてリアップが原因だったのでは…」と思ってしまう可能性もありますよね。こういった不安要素を取り除く意味でも妊活中の女性はさわらないようにしましょう。

副作用の心配がない育毛剤を紹介≫