リアップの副作用まとめサイト HOME » 噂される代表的なリアップの副作用 » リアップの副作用【初期脱毛】

リアップの副作用【初期脱毛】

リアップを使用した直後に、初期脱毛という症状を経験する人がいます。毛を生やすために使った薬だったのに、逆に毛が抜けてしまっては本末転倒。
このページでは、初期脱毛について詳しく解説します。

リアップによる初期脱毛の症状とは?

古い髪が抜ける初期脱毛という育毛剤リアップの副作用について紹介します。リアップを使い始めた人たちの中には、育毛効果が見られるどころか、逆に抜け毛が増えてきたと感じる人もいるでしょう。

シャンプーをする際や、起床後に枕を見た際、明らかに以前よりも抜け毛が多くなったと感じる人、また、少しだけ抜け毛が増えたと感じる人など、その抜け毛の量は人によって様々なようです。また、逆にまったく抜け毛が見られない人もいれば、使用直後から著しい育毛を実感する人もいます。

初期脱毛とは、このように育毛剤を使い始めた時期に抜け毛が増えることを言います。

初期脱毛は、おおむね使用開始後10日~2ヶ月くらいに発生すると言われます。また、脱毛はいつまでも続くのではなく、一定の期間を過ぎると止まります。

毛が抜ける、という症状だけを見ると怖いですが、実は初期脱毛はネガティブなものではありません。むしろ育毛剤が効いている証拠とも言えるのです。

というのも、初期脱毛は髪の成長サイクルを正常化するために必要なことだから。

どれくらいの量が抜けるかは個人差がありますが、いずれにせよ髪の生え変わりの前兆です。不安に思うことはありません。

ただ、こうした初期脱毛に強いストレスを感じてしまっているようなら、注意が必要です。ストレスは育毛の大敵ですので、例え一時的であっても毛が抜けていくのは不安、という方は、初期脱毛等の症状が少ない育毛剤を検討してみると良いでしょう。

初期脱毛が見られた人の体験談

  • 期待に胸を膨らませてこの育毛剤を使い始めたのですが、使用数週間たった頃に抜け毛が増えだしました。とくにシャンプーのときの抜け毛の量が変わったように思います。指に絡みつく、と言えば良いのでしょうか。また、同じ時期には、私のものと思われる毛が部屋中にたくさん落ちていました。使い続けているうちに収まりましたが、抜けた分生えてきたかというと疑問が残ります。
  • 初期脱毛があるらしいということは、ネットの口コミなどで知っていたのですが、私の場合、ちょっと不安になるくらいの量でした。使い始めた当初は、とくに抜け毛もなく、なんとなく痒いような、くすぐったいような使用感という印象。そして、3週間くらいたったころにあることが起こりました。朝、枕にたくさんの毛がついていたです。そのまま使い続ければよかったのかもしれませんが、怖くなって使用をやめてしまいました。
  • 初期脱毛が、育毛剤の効果が出ている証拠ということは知っていました。そのため、ある程度毛が抜けることは覚悟していたのですが、ちょっと不安に感じるくらい薄毛が進んでしまい、いったん頭皮を休ませることにしました。初期脱毛との闘いは、結構ツラいです。
  • 使い始めて1ヶ月前後のころ、よく聞く初期脱毛を経験しました。シャンプーのときに、かなりの量の毛が排水溝へと吸い込まれていきました。ちなみに、抜けていった毛は、太い毛ではなく、むしろ細くて弱い毛が中心です。その後、抜け毛は2週間ほど続いたのですが、やがて徐々にその量も減りました。ここから健全な発毛サイクルに入るのだと確信し、ひたすら使い続けました。結果、結構生えてきたと思います。初期脱毛は多くの人が経験するようです。不安になることもあるかと思いますが、私は大丈夫でしたので、抜け毛の時期は安心して良いと思います。
  • 初期脱毛の時期は、部屋の床や、ワイシャツの肩などに抜け毛が落ちていることがありました。シャンプーで大量の抜け毛があったとか、朝起きたらすごい抜け毛だったとか、そういう経験はしませんでしたが、ある程度は抜け毛が増えた実感はありました。ほどなく抜け毛がおさまり、安心しました。ただ、抜け毛がなくなったことに安心したのは良いのですが、その後、とくに育毛が促進されることもなかったので、結局2ヶ月ほどで使用をやめました。

初期脱毛はなぜ起こるのか?

リアップの初期脱毛は、ヘアサイクルという発毛・育毛のメカニズムに関わっています。

毛は、一生涯伸び続けるものではありません。一定の期間伸びて、途中で成長スピードが減速し、止まり、やがて抜けます。その後、同じ毛根からまた新たな毛が生えてきます。この繰り返しがヘアサイクルです。

毛が伸びている期間を「成長期」、成長が減速している期間を「退行期」、止まっている期間を「休止期」と言いますが、健全な毛であれば、ここサイクルは一定のリズムを持って行われます。具体的には、成長期が2年~6年、退行期が2週間程度、休止期が3~4か月程度です。
薄毛、AGAは、このリズムが狂ってしまっていることが原因です。成長期が本来より短い、または、退行期や休止期が本来より長いなど、リズムが狂ってしまうことで成長期の毛が少なくなっている状態を「AGA薄毛」と呼びます。

リアップは、血行改善効果を通じて、このリズムを元の正常な状態に戻すことで育毛を促進する薬です。
リズムを戻す過程において、サイクルの乱れた退行期や休止期の毛は邪魔となり、抜け毛という現象に至ります。もちろん、サイクルの正常な毛は、抜けずにそのまま残ります。
抜けるべき毛が抜け終わった時点で、初期脱毛は終了し、健全なヘアサイクルへ入る準備が整います。

そのため、リアップの使用による初期脱毛は、見方によっては副作用とも言えるのですが、育毛という目的に鑑みれば、むしろ歓迎すべき事態でもあります。
薬の効果が効いているという証拠にもなりますので、別の著しい副作用が見られない限り、そのまま使用を続けても問題ないので、安心してください。
ただし、抜け毛が一定期間を過ぎてもいっこうに止まない場合には、一旦使用を中止したほうが良いでしょう。ヘアサイクルとは別の問題で抜け毛が生じている可能性が高いからです。

副作用の心配がない育毛剤を紹介≫