リアップの副作用まとめサイト HOME » 噂される代表的なリアップの副作用 » リアップの副作用【リバウンド】

リアップの副作用【リバウンド】

リアップの使用を中止すると、副作用として元の薄毛に戻るリバウンドが起こるということが指摘されています。その真偽はどうなのでしょう?もし本当だとすれば、一度リアップを使ったら、一生使い続けなければならないのでしょうか?

実際にリバウンドした方々の体験談を紹介し、そのメカニズムについて解説します。

リアップの使用を中止するとリバウンドして元の薄毛に?

リアップの使用をやめると、元の薄毛の状態にリバウンドしてしまうというのは本当なのでしょうか?リアップの製造元である大正製薬は、ホームページで次のように説明しています。

  • Q9.リアップX5の使用をやめたらどうなりますか?
  • A9.効果を維持するには継続して使用することが必要です。使用を中止すると毛髪が徐々に元の状態に戻ります。

※大正製薬ホームページ「RiUP X5プラス製品情報-よくあるご質問」より引用いたしました。
URL:http://www.taisho.co.jp/riup/riupx5/faq/index.html

製造メーカーがそのように断言している以上、リバウンドは起こるでしょう。厳密に言えば、リバウンドして薄毛になるというよりも、本来の状態に戻る、ということになります。

リバウンドの程度やスピードには個人差があります。薄毛が徐々に進行していく人もいれば、一気に元の状態に戻る人など様々です。

リアップの効果により、「発毛した箇所だけ毛が抜けてしまった」というのなら、まだ諦めはつくかもしれません。しかし、口コミの中には「リアップの発毛効果を実感していなかったのに、使用を中止したら薄毛が進行してしまった」、というものもあります。

リアップの使用を中止した時点から元の状態に戻るため、使用を検討中の方は、この点を十分に理解しておきましょう。

リバウンドをした人の体験談

  • この育毛剤を2ヶ月くらい使った後、仕事が忙しくなったので徐々に使わなくなってしまいました。今では使用したこと、使用を中止したことにも後悔しています。使用を中止したことで脱毛が再び起こり、使用前よりも薄毛が進行してしまうというリバウンドが起こってしまいました。現在29歳なので、悔しさや悲しみというよりも、焦る気持ちのほうが大きいです。
  • 数か月使っていたのですが、発毛効果は実感できませんでした。発毛した人も大勢いるので、私の場合は個人差が悪いほうに出てしまった、と諦めて使用するのをやめました。しかし、そこからが大変でした。髪の毛が抜け始めたのです。使用を中止して、すぐに抜け始めました。1ヶ月ほどで、見た目にも分かるほど薄毛が進行してしまいました。
  • 使用中は、それなりに発毛効果を実感していました。ただ、決して安くはない薬ですので、毎月これにお金をかけるのが金銭的に苦しくなり、結局途中でやめることにしたのです。使用を中止して1ヶ月ほど経った頃、また薄毛が始まりました。1年たった今、完全に元の状態に戻っています。この期間、私の頭髪の増えたり減ったりといった不可思議な変化を、会社の同僚たちはどのように感じていたのでしょう。

リバウンドはなぜ起こるのか?

リバウンドが起こる理由については、リアップの主成分であるミノキシジルが、どのような働きかけで発毛・育毛を促しているかを理解すれば簡単です。

ミノキシジルには2つの働きがあります。

1つ目が「血管拡張作用」です。頭皮に塗ったミノキシジルが、皮膚から頭皮の内部へ浸透して、その周辺の血管を拡張させます。血管が拡張すれば、その分、多くの血液が運ばれてくることになります。血液の中には発毛・育毛に大切な酸素と栄養素が含まれているので、これがたくさん毛母細胞に注がれ、結果として発毛・育毛につながることになります。

2つ目が「血管新生作用」です。ミノキシジルが浸透した部分に血管が新たに作られ、その分、多くの血液が運ばれるようになります。結果、発毛・育毛を促進するというものです。

近年では、血管拡張作用よりも、血管新生作用のほうが発毛・育毛効果を強く促しているのでは、との見解もあります。

これら2つの作用は、あくまでもミノキシジルが頭皮から皮下へ浸透している時の作用になります。浸透して来なければ、拡張した血管は収縮し、新生された血管は消滅します。

リアップの効果は、風邪を引いた場合の病院の治療効果に似ています。風邪を引いた場合の病院での対応は、主に2つあります。

1つ目は「風邪のウィルスを殺して、病気の原因を根本的になくしてしまう薬『抗生物質』を使って治療する方法」。これを「原因療法」と言います。

2つ目が「風邪による苦しい自覚症状を和らげる薬『解熱剤』などを使って治療する方法」です。これを「対症療法」と言います。

これにならっていえば、ミノキシジルは、あくまでも対症療法です。使用中に薄毛という症状を緩和させているだけであって、薄毛の原因を消滅させる薬ではありません。

したがって、リアップで対症することをやめれば、ふたたび元の状態に戻ります。しかも、風邪とは違って、リアップ使用中に自然治癒していくということはありません。

なお、リアップの使用を中止したら、使用前よりも薄くなってしまった、という悲劇的なリバウンドを経験する人もいます。これは、理屈から考えれば、すべての人に当てはまる現象だといえます。

リアップを1年間使用して中止した場合、頭髪は1年前の状態に戻るわけではなく、1年分の抜け毛としてまとめてやってきます。よって、「使用前よりも薄毛が進行してしまった」というケースも少なくはないのです。